単身赴任の引越しをスムーズに進めるには?

急に単身赴任が決まって、初めてのことで何から始めて良いか分からない場合
スムーズに引越しする方法を考えてみましょう。

単身赴任の引越し、やるべきことは?

まずは、何を持って行くかを決めなければいけませんが
家具や家電など、現在使っているものは自宅に置いていくことになるので
新しく購入しなければいけませんね。しかし引越し前に準備すると、引越し荷物が増えます。

単身の引越しの場合、単身パックは少ない荷物の設定での低価格サービスとなっているものが多く
できれば家具や家電などは引越し先で揃える方が良いでしょう。

ただ、新しい転居先で地理に詳しくない場合の買い物も大変ですので
転居先が決まれば、引っ越し前にそちらに配送してもらえるサービスなどを利用して
家具や家電などが引越し当日または翌日などに届くように、事前に購入しておくと
引越し後に不便無く新しい生活をスタートすることができます。

単身赴任の引越し準備

家具や家電の手配の他に準備しておかなければいけないことと言えば
単身赴任先での生活用品を揃えることですが、単身赴任の場合は何れ家に帰ることを想定して
準備を進めると良いでしょう。

例えば、単身赴任の期間が決まっているなら
購入するよりレンタルで済ませると言う方法もあります。
無駄なものを購入するより経費の節約もできますし、今後の引越し荷物のためにも
極力、家財道具は増やさないことを選ぶ方が良いと思います。

そして引越し業者の選択をしなければいけませんが
引越しの料金設定やサービス内容で、自分に合った引越し業者を選びましょう。

単身赴任の引越し費用はどのくらい?

大手引越し業者は単身パックなどのサービス設定は無く、通常トラックの大きさと作業をしてくれるスタッフの人数で決まります。
引越しの繁忙期には料金設定も高くなり、比較的引越しが少ない時期や曜日、そして時間帯などを
引越しをすると、料金設定が安くなる場合があります。

また、運送会社などがサービス提供している単身引越しパックは
引越し荷物の容量が決まっているため、料金設定が安くなっています。
近距離で2~4万位の設定の業者が多いです。
追加の荷物が有ると追加料金が発生したりするので、注意しましょう。

料金設定のみで業者を選ぶのではなく、サービスの内容まで詳しく調べてから
引越し業者を決めることをおすすめします。
とは言っても、単身赴任が決まれば短期間で転居などを済ませなければいけない場合が有り
業者選びに時間を掛けている暇が無い場合もあります。

そんな時は、一括見積サイトを活用してみると良いでしょう。
一度の入力で複数の業者からの見積りが取れるサービスで、簡単便利ですので
時間が無い単身赴任の引越し業者選びにぴったりです。

コメントを残す

CAPTCHA